2021.0504 上手く言えない話

f:id:k_e_m_u_r_i:20210504235911p:image

 夏服のスカートを風が素通りする感覚とか、じっとりと湿気を吸い込んだ雨の日のテスト用紙とか、取り留めのないそれらを丸ごと忘れてしまうのが怖い。少年少女が主人公の本を読む。それで、ああまだ私この感覚を覚えてたって安堵するんだけど、それってフィクションで上書きされた記憶のようにも思う。本当はもうとっくの昔に忘れてるのに、上書きされた記憶を本物だと思い込んで覚えてるって言ってるだけなんじゃないか。何言ってんだ?上手く言えないけど、とにかくそういうことを考えていた。『さみしくなったら名前を呼んで』、明日最後までちゃんと読もう。

 昨日呪術廻戦を全巻購入して、今日一気に読んだ。久しぶりに絵をザカザカ描いたので記録として残しておく。

f:id:k_e_m_u_r_i:20210505000728j:image

プライドが高いのだと思う。下手だと自覚するのが嫌で中1以来まともに描けなくなっちゃった。もう楽しく描くことができない。たとえ描き上がった絵を見るのは自分だけだとしても、満足いく結果になるまでの過程(練習もだし、一発描きであっても)が多分キツくて耐えられない。絵でも勉強でも仕事でも何でも、自分はできない奴って事実から目を背けてしまう悪癖を直したい…。ダセーから。あの時奮起してれば今頃はもっと上手く描けてたかな。選ばなかった未来の話をするのもダサいな。やめる。呪術廻戦は面白かった。

 爪をスクエアに整える。自分の爪じゃないみたいで、これはいい。どんなにイケてる!って思ったものでも所有権が自分にあると思うと、それが途端にダサく見えてきてうんざりする。この爪もいずれそうなる。トライアンドエラー。自分の爪も絵も字も顔も声も思想も服も体型も化粧も髪型も、いつまで経っても全てがダサくて悲しいけれど、いいと思えることを取り入れてアップデートしないといけない。じゃあ完成形の自分は全てツギハギの猿真似になるってこと?ない自分をあるように見せて、それが一体何になるのだろう……。魂を愛してほしいと私はたまに言うけれども、こういうことを指している。また上手く伝えられない話。

 過大評価されている。というか、させてしまっている?①私が自分を卑下する余り自信を持たせようと気を遣っている(一番可能性が高い。申し訳ない)②評価しろという圧を私が発している(そういう人いるよね…)③その人の価値観がずれてる(信仰してくる人いるよね…)④私の価値観がずれてる(まじ?)⑤私は自分を大きく見せるのが上手い(え〜)、どれだろうね。考えてもわからないんだ。赤の他人から正しい評価を下してもらいたい。10人くらい集めてさ。

2021.0422

 傾眠。どうも夕食をとってから体調が優れない。講談を聞きに行った。面白かったなあ。間の取り方なのか言い回しなのかわからないが、前座のお弟子さんと比べると全然違う。こういうことに時間とお金を割くのは悪くない。本を読んだり、映画を観に行ったり(アマプラに加入してるんだから家で観ればいいんだけど少し違う。NO MORE 映画泥棒とか、エンドロールの余韻と人のさざめきとかの方が大事じゃないですか)、あと少し前にISSも観測した。別に感動とかはなかったけれども、あれに人間が乗ってるのかって不思議な気持ち。ところでISSとは何ぞと観測直前に調べた。国際宇宙ステーションね。International Space Station、まんまやな。

 これまで無関心で通り過ぎていたことに意識が向いている実感がある。星がチカチカ瞬いていることなんか、私すっかり忘れてた。通勤路の途中に咲いている花の名前を調べる。白木蓮っぽい。水槽の中にいる魚が皆同じ方向を向いていたこと。


 化粧水をバッシャバシャ塗る。皮膚科の薬を地道に塗るより調子がいいような?水分不足だったんかな。キュレルのミストの購入を検討していたが、必要なさそう。コットンのマスクは買う。

 『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』を300円でゲット。年末から調子が悪くストレッチを中断していたので、どうせなら正しいやり方で再開しようと思って。インターネットとはめちゃくちゃ便利なもので、この本の内容だって丸ごと無料で知れるんだけど、何か頭に入ってこない。流し見して、へ〜そうなんだやってみよ、で終わる。これ何なんだろうなあ。だからわざわざお金出して(中古だが)買った。書籍類は紙が好ましい。

 

 

 考えすぎて眠れなくなってしまった。神経がざわついているのがわかる。半分寝ながら仕事をした。向いていない、と思う。私は転職=ネガティブなことと捉えていたけれども、エージェントと面談して初めて、そうではないと知った。将来的にどんな暮らしをしたいか。それにはどんな仕事を経験する必要があるか。何がしたい?って聞かれるの苦手。何もしたくないから答えられない。何もしたくないって言ったらそれで会話終了だもん。あ、今ずれてる、って自覚しても何が原因でそうなっているのかわからなかったけど、多分皆と抽象度合いが違うんだ。皆めちゃくちゃ具体的に考えてる。対して私はモヤ〜ンとしか考えられない。頭いい人と喋ってる時の違和感ってこれかー!!とアハ体験。学びが多かった。どんな暮らしかあ。普通、普通がいいですって答えた。「普通ってのは真綿みたいな絶望の大量と 鉛みたいな希望の微量とが釣合ってる状態で たとえば日曜日の動物園に似てるんだ 猿と人間でいっぱいの」…。いやいや。私はそれが嫌で、投げ出したくなっているんじゃないか。多分私の望む普通って、特定のことで頭を悩ませることのない単調な日々の繰り返し、だと思う。ハードル高い?

2021.0307

 身体的な障害を持った人と接する時どう動けばいいか未だわからない。さりげなく、何でもないことのようにサポートする以外何も出来ないのが悔しい。それだって上手く出来ているかわからないが。

 聴覚障害を持ったお客さんが二度来たことがある。数年前に初めて来た際、耳が聞こえないというジェスチャーをしていたので接客したわけでもないが強く記憶に残っていた。補聴器はつけていたから全聾ではないのかもしれない。二度目は先日。伝えたいことを入力したスマホを見せてくれたがこのご時世の為(聾者や難聴者は口の動きで相手が何を言わんとしているかおおよそ判別するらしい)、咄嗟に出したOKのジェスチャーが何だか情けなかった。目元だけで伝わるよういつもよりオーバーに笑顔を作って頭を下げて、聞こえないかもしれないけど大きな声でありがとうございましたと言えたことは良かった。手話を覚えたいと思ったのはそれが初めてだ。でも聴覚障害を持つ人全員が手話を覚えているかと言えば、そうではないだろうし。いきなり手話をして、いや俺わからん…と思わせてしまうのもあれだし。もしまたあのお客さんが来たら、今度はありがとうまた来てねって紙に書いて伝えられたらいい。これは失礼に当たるのだろうか。

 たまにこういうことを考えるけれども、心のどこかで彼らを馬鹿にしたり見下したりしているんじゃないかって不安になる。彼らを無意識のうちに「自分より劣っている」から「気遣ってあげなきゃいけない存在」だとか思ってはいないか。わからない。思っていないと思っているけどこれは主観だ。怖い。無意識で人を傷つけるのが。私は確固たる意思の下でしか人を傷つけたくない。これを書くにあたって聾者という呼称は差別用語ではないのか?と調べたが、恐らく違うみたい。どこまでが配慮で、どこからが差別なんだろう。相手が差別だと感じた時点でそれはそうなってしまうのか。なるよなあ。今日も多目的トイレのドアの隙間から身体を捩じ込むようにして出ようとしていたおじいちゃんがいたからドアを押さえた。ありがとう大丈夫ですよ、と言われてしまった。正しい行動だったのだろうか。要らぬ手を差し伸べてしまった?

 

 セクハラについて考える。手をさわさわにぎにぎするお客さんとか、2人きりになった途端に笑えない下ネタしか言わなくなる上司とか。アーって思う。思うだけで顔には出さない(元から顔が動かないので正確には出ない)。コミュニケーションの一環?いや価値観のアップデート遅れ過ぎじゃん?やばくないすか?と思うが、彼らは私に優しい。だからそういうのを上手く飲み込めず咳き込んだり喉に違和感を抱えたまま眠る日があったとしても、引っくるめて甘受する。こういうところがまじで日本人だよなあ〜〜。アップデート出来ていないのは私の方かもしれない。他人に女性蔑視を許せとは言わないので、許す私を許してほしい。最悪な利己主義。いつだってそうだ。優しくするのは自分の為、許すのも自分の為、あれもこれも自分自分自分自分の為。巡り巡って私の大切な人達が遅れた価値観に傷つけられた時、私はまた自分の為に憤慨するのか?私が許した結果がそれに繋がっているのかもしれないのに。

2021.0218

 以前、映画で言ったら今はまだ開始30分くらいなのかとツイートした。残り60分で案外何でも出来ちゃうのかなって。でもこれから先は目新しいことなんか何も起こらなくて、これまでの焼き直しみたいなストーリーが延々と続く気がしている。序盤にあった出来事を上からなぞるだけの駄作。実際色んなことを新鮮な気持ちで味わえなくなってきて、あーこれ既視感あるわーって、ぼんやり考えてしまう。新しいことをバンバンやればいいだけか…。

 頭の中で本心を言おうとしてもそこでさえ世間体を考えている自分がいて(恐らくこいつが私の認知を歪めている)、結局気持ちがわからない。わからないから対処のしようがない。放置して悪化、落ち込む。もう無理。となる。だからちゃんと自分のことを理解する必要がある。未成熟であることを恥じる必要はない。モラトリアム…。

 何かを選ぶのはその他を切り捨てるということであり責任が発生する。怖いんだ。失敗するのも私のせいだって思うのも。正解した時の快楽より、不正解だった時の心臓の痛みを想像してしまう。そもそも何だか私の選び取るものは全部間違っている気がする。マーフィーの法則

 歳下の人間をいい子だと褒めそやすのはやめたい。それ「従順で自分にとって都合のいい子」をオブラートに包んで言ってませんか。これから先もそうであれと呪いをかけていませんか。いくら歳下であろうと物を知らなかろうと、意思を持つ人間であることを忘れてはならん。

 

 

 

 夢と現実の境界が曖昧だった朝。あれ私寝ちゃってた、まだ伝えなきゃいけないことあったのにって時計を見たらアラームが鳴る5分前で。これじゃまるで、続きを見たらもう戻れなくなるよって諭されたみたいだ。苦しい。またしばらく引きずる。毒虫みたいに布団被ってみたけど、やっぱり続きを見ることは叶わなかった。正しくなくてみっともない感情がいつまでも消えないな。正しくてみっともないのならばまだ可愛げがあるというか、尊いものだと思えたのに。

 ぐじゅぐじゅに化膿しちゃって、もう治らない。適切な治療もしないで放っといた結果がこれだ。生傷抱えて可愛いのは10代までじゃね?それ以降はもう痛々しくて見てらんないって自分が一番よくわかってる。わかってる。

2021.0212

 電子機器もそれに付随するサービスも何もかもうんざりだ。便利さに辟易している。シャットダウン。シャットアウト。疲れてしまった。目の乾燥が酷い。以前処方された目薬を探したものの見つからずまたうんざり。諦めて別のをさして、眼球をぐるりと回す。強すぎる清涼感で泣きそうになる。辛いことは口に出さないと心だか頭だか、どっちか忘れたが、そこに蓄積するらしい。口から外に追い出してそのスペースを空ける必要があると。ふうん。それで解決するなら訳ねーんだわって思ってしまうけれども、まぁ事実なんだろう。わかっちゃいるがね。馬鹿だから自分で確かめなきゃ納得できない。

 目薬の代わりに睡眠導入剤を見つけた。眠れなかった時のお守り。ぐらついた気持ちがフラッシュバックする。飲むとディグダの気分が味わえて面白い。視点が低くなるわけではないけど、極端に地面が近いような、そういう感覚。あると飲んでしまうからいけない。でも捨てる踏ん切りがつかない…。

 


 悩んで結局まとめ買いしてしまった漫画を読む。ただいま午前3時、3時間後にはアラームが鳴る予定でございます。慎二がかっこよくて好きすぎて、慎二を見る為に読み進めてしまった。古着っぽい服を着たロン毛に髭の職業不明アーティスト風の男より、大手企業勤め休日はフレッドでペリーな男に惹かれる。皆大体そうか。いやそうでもないか?私の概念としての"好き"の頂点にフレッドペリーを選ぶ男が君臨しているだけかもしれない。

 


 雑な態度を取ってしまった。忙しくて焦っていたけれども、それは言い訳にならない。均一な態度を保つべき。でも皆忙しい時、機嫌悪い時、そうなるじゃん。投げるような言い方するじゃん。何で私だけ気を付ける必要があるんだ?いくら私が優しくしたって同じだけは返ってこないんだからたまにはいいじゃん。うーん。でもやっぱりそういう態度を取られたら嫌な気持ちになるしな。自分がされて嫌なことはしない方がいい。当たり前のこと。こんな酷いことをされた!と被害者意識を持つのは容易いが、その逆は難しいなとたまに思う。全員被害者であり加害者なのに。

2020.1207

 昼過ぎに起きて、夕方から夜にかけてうたた寝をして、何だかまた眠る気にはなれなくて、布団の中でぼうっとiPhoneを眺めている。駄目な日だった。口に入れたものは全部インスタントだったし、ずっと横たわっていた。

 調子のいい時期はあまり眠らないし、そうでない時期は昏々と眠る。以前は調子のいい時期がなかったから良し悪しに気付かなかった。生まれてからずっと不調だった。

 過敏になっている、と思う。神経を刺激しないよう、じっと身を固くして波が過ぎるのを待つ。

2020.1116

 ここのところ脳味噌がギュンギュン回っている。寝ても休んだ気がせず、常にエンジン全開の感覚がある。アクセルベタ踏みで加速するのは気持ちいいけれども、ガス欠が恐ろしい。配分が下手くそ。

 と、土曜日の夜に書いていたがその後上手く休めた。早めに夕食を摂るだけで楽になる。たっぷり時間を掛けてオーラルケアをしたので少しは清潔な人間になった。それでまた若干加速してしまい、床に入る間際クイックルワイパーを滑らせた。面倒臭がりなので普段はクイックルワイパーさえだるい。だけど何がだるいって床に滑らせる動作ではなくシートをセットした後に手を洗わなければならない(手についた液を放っておけない)ことだと気付いてただの除菌ウェットシートをセット。兎角ハードルを下げる。今日は切らしていたが、使い捨てのビニール手袋も同じ理由でいつも家に常備してある。手袋はめるのは苦じゃないのに手を洗うことは面倒なんだよな。これは恐らく、手は必ずハンドソープで"念入りに"洗わなければ……という強迫観念から来ている。新型肺炎以前より、水洗いだけだと気持ちが悪いというのがある。自分ルールで雁字搦めになったら元も子もないのに。

 

 久しぶりに朝から活動したが中々良いものだった。休日を上手に使う自分に酔う。普通の人が普通にやってることをやっただけで調子に乗るな。スーサイド・ショップというフランスのアニメーション映画を観た。今の私的には嫌いじゃない作品だった。(私の私による私の為の)倫理的にアウトな表現が散見されて、その部分はちょっといただけなかったけど。普通の人の死生観ってあんなもんなんだろう。だから本当に届けたかったであろう層には届かない。

 皮膚科で処方されたビタミン剤を飲み、軟膏をベタベタ塗る。塗りながら処方箋の説明を読んでホォンと思う。ビタミン剤は接触性皮膚炎にも効果ありとな。如何ほどの効果があるのか、少し楽しみである。